はじめての交通事故相談

万が一交通事故に遭ってしまったら
まずは警察へ連絡、加害者情報と保険の確認をし、お互いの保険会社に連絡します。
その後通院を開始して通院がひと段落したら後遺障害等級申請し、示談交渉をします。

注意点になりますが、
警察は示談の手伝いはしません。ただ、警察の捜査の資料は有用なものもありますのでしっかり対応してください。

また、人身事故として届けましょう。
保険会社はあくまで加害者の味方です。
示談内容が不満な時は弁護士に相談してください。
ただ、示談がこじれてからの相談は解決まで時間がかかってしまいます。
これを避けるために事故に遭ったら早いうちに相談することをおすすめします。

みんなが知りたいむちうち慰謝料相場

むちうち慰謝料相場というのはどれくらいなのでしょうか?多くの人が交通事故弁護士に間に入ってもらっていると思うのですが、その場合どれくらいもらえるものなのでしょうか?まず通院している場合には通院日数×保険料を請求することができます。もし入院が必要だった場合には入院日数×保険料になります。この保険料というのが厄介で基準価格が決まっているのですがその内容は保険会社によってそれぞれですし、条件によってかなり大きく変わってきます。また誰が請求するのかにもよって異なってくるので注意が必要です。当然弁護士が請求した時が一番高いです。

むちうち慰謝料相場と相談所

むちうち慰謝料相場などについて詳しく聞きたいとなった時にいきない法律事務所に行ったりするのはハードルが高いですよね?しかし詳しい人に聞いてみなければ本当の所はわかりません。ではどこに聞きに行けばいいのでしょうか?

そういったちょっと話を聞きたいという時にピッタリなのが交通相談所などです。こちらは市や県で運営していることが多く、そのため信頼度もぐっと上がります。また相談だけでしたら無料である所が非常に多いのでそういった面でも安心です。そこから繋がりのある交通事故弁護士さんなどを紹介してもらうこともできますので探している人にはピッタリです。

交通事故相談と弁護士への依頼について

交通事故相談については、保険会社も一応簡単相談に乗ってもらうことができます。しかし、過去の事例を元に最小限の額を提示させることがほとんどです。そこで、適切な慰謝料を勝ち取るために役に立つのが交通事故に強い弁護士への相談です。

最近ではそのような弁護士にインターネット経由で直接依頼することもできますが、適切な弁護士を紹介してくれる紹介サイトも多数あります。また、そのような方法に不安な方は、各都道府県にある弁護士相談を受け付ける国の機関で直接依頼することや弁護士の協会から紹介をしてもらう方法もあります。ただし、国の機関からの紹介はこちらから弁護士を選ぶことができないようです。

交通事故相談を活用しよう

普段自分は事故に遭わないと思っていても、交通事故というのは突然やってくるものです。何もわからず混乱してしまうときのためにあるのが、交通事故相談所なのです。事故の内容に沿った話を、専門家がイチから聞いてくれます。

事例としては、事故に遭った際に多くの被害者の方が、慰謝料のことから加害者に対する対応策まで、教えてもらえました。そのときに起こしてしまった事故に関することが、スムーズに解決できるのです。そのため、一人で悩まずに、不安を抱えている方や今悩んでいる方は、ぜひ一度で良いので交通事故相談を利用してみてください。

関連

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  交通事故の保険  過払い・債務整理  交通事故に強い弁護士  交通事故の慰謝料・賠償金  交通事故の相談会