交通事故弁護士に損害賠償金を算定を

交通事故に遭うと被害者は加害者から損害賠償金を支払いを受けます。この損害賠償金の算出は加害者が加入している保険会社の担当者が行うのですが、この保険会社からの損害賠償金提示についてはそのまま鵜呑みにせずに、一旦交通事故弁護士に相談したほうが得策と言えます。
なぜなら、保険会社は慰謝料などの算出において最低限度の補償である自賠責基準の計算方法を用いているからです。これに対して弁護士は算定に裁判などで使用する弁護士基準の計算方法を用いています。この計算方法であれば保険会社が算出する額の倍以上の金額が算出されるため被害者側にとって非常に有利とななります。よって交通事故の損害賠償金の提示を受けた場合には一旦弁護士に相談してチェックしてもらったほうが間違いないのです。