交通事故弁護士に示談代行を依頼するには委任状が必要

交通事故の示談交渉では、被害者が被った損害の金額を計算して賠償請求する金額を決定します。示談交渉そのものは交通事故の当事者どうしが話し合う場ですが、自動車任意保険には示談交渉を代行するサービスが付いているために加害者側からは保険会社の担当が交渉にあたります。被害者に知識が乏しいと、保険会社と対等に交渉を進めるのは困難です。

そのため、早いうちに交通事故弁護士に相談してサポートを受けるのが何より安心です。交通事故弁護士に示談交渉を代行してもらうには委任状や実印、印鑑証明などが必要ですが、相手が提示する安い賠償金を正当に計算し直して有利に交渉してもらえるので、大きなメリットがあります。