交通事故弁護士の慰謝料計算基準

交通事故の慰謝料は、精神的に被ったダメージに対する賠償金です。

実費で賠償請求する治療費などと異なり個人差が大きいために、ある程度の定額化を図る目的で交通事故慰謝料計算基準が設けられています。

基準は、自賠責によるもの・任意保険によるもの・裁判の判例を参考にするものの3つあります。この中で、自賠責保険は交通事故の被害者を最低限救済する制度なので慰謝料も一番安く計算されます。

逆に裁判の判例を参考に交通事故弁護士が算出すると最も高く計算されます。

そのため、交通事故の被害者になってしまったら交通事故弁護士に相談して示談交渉を代行してもらうのが有利です。