交通事故弁護士

交通事故の被害者が精神的に受けた苦痛に対して支払われる慰謝料には、自賠責・任意保険・弁護士会と3つの計算基準がありどの基準を使うかによって金額が変わってきます。
一番安いのは自賠責基準による計算で、示談交渉では加害者の保険会社はこの安い基準で計算した金額を提示してくる可能性があります。本来であればもっと高額の慰謝料が受け取れるところを、慌てて示談に応じてしまうと被害者は損をしてしまいます。
示談交渉で相手の保険会社のペースに巻き込まれないためには、交通事故弁護士のいる法律事務所に早めに相談をしてアドバイスをもらったり示談の代理人になってもらうのが安心です。