交通事故慰謝料で悩んでいるなら弁護士に相談

交通事故慰謝料の問題は、こじれてしまうことが多いです。特に、相手が任意保険に加入していないと、巨額の資金を支払うことができないため、応じないことが多いです。そうなると、被害者は泣き寝入りしなければならないでしょう。

しかし、あきらめてはいけません。弁護士に相談して、示談交渉や訴訟代理によって、損害賠償金を請求しましょう。弁護士が間に入れば、相手の態度が変わることが期待できます。

そうでなくても、判決を得れば債務名義となり、強制執行を恐れた加害者が支払いに応じる場合もあります。もちろん、任意に支払わなければ強制執行により回収することが可能です。