交通事故慰謝料で悩んでいるなら弁護士に相談

交通事故慰謝料の問題は、こじれてしまうことが多いです。特に、相手が任意保険に加入していないと、巨額の資金を支払うことができないため、応じないことが多いです。そうなると、被害者は泣き寝入りしなければならないでしょう。

しかし、あきらめてはいけません。弁護士に相談して、示談交渉や訴訟代理によって、損害賠償金を請求しましょう。弁護士が間に入れば、相手の態度が変わることが期待できます。

そうでなくても、判決を得れば債務名義となり、強制執行を恐れた加害者が支払いに応じる場合もあります。もちろん、任意に支払わなければ強制執行により回収することが可能です。

むちうち慰謝料相場の基準について

交通事故などの不慮の事故に関して、慰謝料という形で解決するのが一般的な方法ですが、場合によってはなかなか思い通りに交渉が進まないようなケースもあるかと思います。交通事故の怪我については、むちうちの症状が多いようです。

このむちうちの症状に関しては、怪我の大きさも変わるようです。むちうち慰謝料相場を知っていれば、思うように交渉することも可能ですが、一般の人にはまずむずかしいでしょう。それであれば、早い段階から交通事故弁護士に依頼をすることで、交通事故慰謝料を有利に交渉してもらうことができるでしょう。

関連

交通事故慰謝料の算定方式について

交通事故被害というのは規模の大小にかかわらず、騒ぐ人は癇癪を起こしたように騒ぎ続けます。慰謝料を提示しても金額が少ないなどと厄介な方も残念なことにいるので、そのようなときは慰謝料を増額するのではなく、弁護士などの専門家に頼りましょう。

法律知識がある専門家を相手にすると委縮する方もいますので、そこで適正金額の交通事故慰謝料を提示することができるのです。適正金額の算出方法としては、過去に起きた同様の交通事故事例を参考にしながら、被害状況などを見て決めることが多くなっています。そのため、被害者も加害者も納得できる金額となっています。

適正な交通事故慰謝料を貰うために必要なこと

交通事故の被害者となると、加害者側の保険会社の言う通りになってしまいがちです。気がついたときには、契約書を取り交わした後ということも少なくありません。交通事故慰謝料については、過去の事例に伴って慰謝料を算出することができます。

一人ではわかりにくいことなので、交通事故相談を受けてみることをおすすめします。無料相談を請け負っている場所がいくつかあるので、お住まいの地域の情報を集めましょう。交渉の段階別や目的によって無料相談を利用したり、平日が忙しい方には、土日祝日も対応してくれる機関もあります。自身に合った相談場所を探してみてください。

交通事故慰謝料は弁護士に相談

慰謝料という言葉は一般的に聞く言葉ですが、普通はその被害に対する精神的苦痛の代償なのだと思います。ただし、交通事故慰謝料として考えた場合はなかなか難しい部分もあるような気もします。

ケガの治療代や通院代は当然支払ってもらうとしても、被害者側からみれば通院にかかった時間や諸々、対応に費やした時間な全てを慰謝料として賠償してほしいと考える人が多いからです。ただ、加害者側(保険会社)も少しでも費用を抑えたい為、結果的に交渉が長引いてしまうのだと思います。やはり、慰謝料はプロである弁護士に依頼すべきです。その結果、慰謝料が増額された事例もありますので、覚えておいて損は無いです。

大阪の弁護士に交通事故の慰謝料、賠償金相談