交通事故慰謝料の相談費用は保険で

交通事故の示談交渉では、加害者は保険の示談代行サービスを利用するので実際には保険会社と被害者の話し合いとなります。ここで、保険会社は示談のプロなので被害者の方に相当の知識がないと相手のペースで示談が進み、金額も安く提示された内容で応じてしまうことが少なくありません。

慰謝料など賠償金で損しないように、交通事故で被害者になってしまった時には弁護士の先生に示談交渉を代行してもらうのが何よりです。自動車任意保険に契約していれば、弁護士費用特約といって法律事務所に交通事故の相談をした費用も任意保険で補償してもらえますから安心です。

過去の事例を参考に交通事故慰謝料は計算される

弁護士に相談をして慰謝料請求を行ってもらった場合には、過去の事例を参考にして慰謝料が計算されるため、大きな慰謝料を請求できる可能性が高くなります。交通事故慰謝料の計算の基準は実は一つではなく、それぞれの立場によって相場は大きく異なります。

例えば、自動車を購入した人は民間の保険会社に加入することが大半ですが、民間の保険会社は弁護士が設定する基準と異なってかなり相場を小さく設定しています。それを知らずに、民間の保険会社の基準で示談交渉をしてしまうと大きな損失に繋がりますので、この点は本当に気を付けなくてはいけません。

交通事故慰謝料は事例で判断する必要はない

交通事故の示談の交渉を保険会社に任せてしまうと、過失割合や後遺障害の等級などを決めるときの判断は今まであった事例を参考に決められてしまうので、納得ができないといったケースが良くあります。

似たような事例をだされてしまうと素人ではなかなか反論するのが難しかったりするのですが、より条件よく交通事故慰謝料などについての示談をまとめるためには、専門の交通事故弁護士などに相談しておくとよいでしょう。交通事故弁護士は相手方の保険会社などとしっかりと交渉をしてくれるので、過失割合や損害賠償なども納得のいく結果を出してもらうことができます。

事例によって異なる交通事故慰謝料

交通事故の被害に遭った場合、交通事故慰謝料を加害者に請求できます。事故によって負った怪我の治療費、入院費、仕事を休まなくてはならなくなったときの補償なども含まれています。怪我の程度には様々な事例が存在し、内容や状況によって慰謝料の金額も異なります。

加害者との間では保険会社が介入するため、慰謝料の金額提示や内容交渉も、事情に詳しい担当者によって進められます。しかし、提示内容について判断がつかなかったり、思うように交渉が進まなかったりすることもあり、弁護士への相談が有効的となるケースも見受けられます。

むちうちの症状によって交通事故慰謝料が大きく異なります

交通事故慰謝料は3つの基準によって計算されています。自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つです。3つの基準で、慰謝料の金額は大きく異なります。その中で一番金額に差が生まれるのが、むちうちに対する評価です。むちうちは現状を自分の言葉で説明するのがとても難しいので、適正な認定を得ることが出来ていない人がほとんどです。

適正な金額を得るためには、弁護士に依頼をしてどのような手続きが必要なのか、アドバイスをもらうようにしてください。一番安い基準の自賠責基準と、一番高い基準の弁護士基準では、倍以上の金額が提示されることもあります。