交通事故慰謝料は、弁護士に保険会社と交渉してもらい慰謝料の増額を

保険会社から提示された交通事故慰謝料に納得がいかないという場合は、早めに弁護士に相談にいくのが解決への一番の近道です。
保険会社を相手に自分でどうにか交渉をしようと思っても、相手はプロですのでなかなかうまくはいかないことがほとんどだと思います。そういう場合は、その道のプロである弁護士に交渉を依頼するのが一番です。

交渉を依頼したことで、最初に提示されていた金額よりも、慰謝料の額が増額するケースというのはとても多いので、慰謝料の額のことなどで、悩んでいるのであれば、早めに相談をしに行くことをお勧めします。

気をつけたいむちうち慰謝料相場

交通事故にあった際に幸いにも、被害や怪我の症状が軽いとして、交通事故慰謝料を少額で決めてしまったケースもあるようです。交通事故直後には、腫れや血などがないことから、人によっては安心してしまうケースがあるようです。しかしながら、事故直後はアドレナリンなどが出ていて、症状を感じにくくなっていることもあるようです。

むちうちの重度の症状においては、後遺障害として後に残ってしまうようなケースもあるようです。そのことを考慮して、むちうち慰謝料相場を知る必要があるでしょう。交通事故弁護士であれば熟知されていますので、細かく教えてくださいます。

関連

交通事故慰謝料は増額可能

交通事故にあった際はさまざまな費用が発生します。多くの方は任意保険に加入されているので、保険会社が支払うため、保険の等級があがって、毎月の保険料の支払いが増える程度にしか考えていない方が多いと思います。しかし、自分が交通事故の被害者だとしたら、少し話は違ってきます。

それは支払われる慰謝料は、相手の任意保険から支払われるため、当然保険会社に有利な支払いがされるということです。わかりやすくいうと、足元を見られることになります。そこで過去の判例等を基準にしたので支払いを求めることにより適切な弁護士基準慰謝料を受領できます。交通事故慰謝料は弁護士への相談により得られる事は多いということです。

交通事故慰謝料については迷わず弁護士へ

交通事故慰謝料を算出する方法と基準は決められており、運転手が加入する自賠責、または任意保険の基準、弁護士基準があります。自賠責保険基準は、自動車を持っている人が義務として強制的に加入させられている保険による基準で、最低限度の補償基準になっていて、3つの基準の中で一番金額が低くなります。

任意保険基準は前者よりは基準が高めですが、保険会社によって基準が異なります。弁護士基準は、裁判所基準とも呼ばれ、公正にかつ客観的な判断による基準なので、一番高額になります。慰謝料を高額で受け取るためには事故後、早期に弁護士に依頼することが重要です。

交通事故慰謝料において、計算の基準に違いはあるのか

交通事故慰謝料を計算するにあたって、基準となるものが3種類あります。弁護士基準と任意基準と自賠責基準です。保険会社から提示される示談案でよく使われるのが、「自賠責基準」や「 任意基準」ですが、これらの基準で計算された慰謝料は、相場である「弁護士基準」よりも相当低いものとなっています。

基本的に保険会社は会社に利益が出るよう動くため、支払わなければならない金額を可能な限り低くしようとするのです。しかし「相場」であるといっても、どんな場合でも必ずその相場通りの交通事故慰謝料の支払いが受けられる訳ではないことには注意が必要です。

大阪の弁護士に交通事故の慰謝料、賠償金相談