交通事故慰謝料

交通事故に遭った場合、保険会社と示談交渉をすることになります。
しかし、相手は交通事故の示談交渉に慣れており、会社の為になるべく少ないお金で示談をしようと考えています。
相手が金額を提示しても、経験がないあなたにはどう判断すればいいのか分からないと思います。

そのような場合はこちら側も示談のプロである弁護士を雇う必要があります。
弁護士は交通事故の示談を数多く経験しており、相場もきちんと理解しています。
明らかに少ない場合は裁判を起こすことも出来ます。
弁護士を間に入れることで、交通事故慰謝料を倍額にすることも十分に可能です。

交通事故の慰謝料を請求するなら基準を使用しよう

弁護士基準という言葉をご存じでしょうか?こちらは中々素人が自分で利用する機会はないのですが、知っておいて損がある単語ではありません。こちらは以前あった事例をもとにして交通事故の慰謝料について交渉するのに使われます。

例としてあげるのであれば主婦の方が事故にあってしまい、慰謝料を請求する際に、「この事例では専業主婦の1日の家事をする賃金をいくらとしたので、この場合もこれだけもらうことができるはずだ」といった風に請求をかけます。こちらの交渉術は専門家しか使用することができないのかというとそんな制度ではなく、誰でも使用すること自体はできるのですが、実際には難しいです。

交通事故慰謝料請求時に基準が使われやすい事例

一体どのような交通事故慰謝料請求の時に弁護士基準が使用されるのでしょうか?こちらは金額があいまいになってしまいやすい時にこそその便利さが発揮されるのです。例えば専業主婦の人が怪我をしたことによって家事ができなかった日数の慰謝料を請求したい時など、起業に働いているのであれば、通常の給与×働けなかった日数で求めることができますが、時給が発生しない主婦業ではそうはいきません。

時給に換算した場合にかなり低い金額を提示されてしますことがあります。そういった際に以前、こういったケースでは、時給はいくらくらいだったと弁護士基準を使用することではっきりと提示することができるのです。

交通事故慰謝料は過去の事例を元に計算してもらいましょう

交通事故に遭った場合、交通事故慰謝料が一番気になると思います。慰謝料の計算方法は自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準からなり、最初は自賠責基準で計算された、慰謝料が提示されることがほとんどだと思います。しかし自賠責基準は、一番安いとされているので、到底納得のいく金額が提示されることがほとんどありません。

そんな時は、弁護士に相談をして、弁護士基準で交通事故慰謝料を計算してもらうようにしましょう。弁護士は過去の事例を元に、慰謝料を計算していくので、他の保険会社の基準よりも高くなることがほとんどです。

弁護士は事例を元に交通事故慰謝料を計算しています

交通事故慰謝料は、弁護士基準が一番高いとされています。それは弁護士が過去の裁判所の事例を元に慰謝料を計算していくので、他の基準よりも高くなっています。保険会社の提示してくる金額は、とても低く納得の出来る金額が提示されることがほとんどありませんが、自分で交渉しようとしても、聞いてくれないのが実情です。

弁護士であれば、過去の事例と共に裁判を起こすことが出来るので、保険会社も交渉に応じることがあります。交通事故に遭って慰謝料に納得が行かない場合は、弁護士に相談をして交通事故慰謝料を引き上げてもらうように依頼をしてください。