弁護士による交通事故相談とは

車社会で生活する限りは、誰しもが交通事故に遭遇する可能性があります。
知識があれば個人でも解決できますが、加害者か被害者か、また事故の内容などによって難しいケースも多くあります。

自分一人では不安だ、解決できない、などといった時には弁護士に相談しましょう。
弁護士による無料相談などを利用してみてはいかがでしょうか。
示談がこじれてから弁護士探しを始めたりすると、解決までの時間がかかってしまいます。
早いうちに弁護士に依頼して、スムーズに解決されることをおすすめします。

交通事故慰謝料についての知識

交通事故慰謝料の基本は自賠責保険ですが、これを補完する制度としては任意保険があり、さまざまな損害賠償についての基準となっていますが、示談を前提とした基準ですので、訴訟の場合は若干そぐわない場合もあり、事例においては、要求するプロである弁護士としての基準が必要になります。

弁護士基準としては書く弁護士会が決めているケースが多く、代表的なものとしては交通事故相談センターが発行しているいわゆる青本と、交通事故相談センターの東京支部が発行しているいわゆる赤本があり、代表的な判例等をまとめて損害賠償の基準を示しています。

関連

交通事故相談においての慰謝料請求について

交通事故相談には、車による追突事故で衝撃を受けてしまったときに利用できます。首にダメージを受ける損傷の場合には、頚椎捻挫などの診断結果に入院費通院費、休業保障、入院や通院による精神的苦痛に対する慰謝料が請求できます。

また、後遺症による請求は、交通事故の加害者に請求できる内訳を、加害者が加入している保険会社の担当者に妥当であるかを判断してもらい、被害者の状況に合わせた金額が算出されて、お金が支払われることになっています。慰謝料事例としては、入院なしで6カ月間通院費の場合は、100万円以内といわれています。いずれも症状によって大きく異なるといわれています。

交通事故相談をすべき対象について

交通事故にあった場合にどこに相談をすべきでしょうか。まず思いつくのは保険会社です。しかし保険会社についても、加害者の保険会社は被害者に支払う慰謝料などの算定を行いますが、被害者と利益が相反するため、相談相手としては妥当ではありません。

では、弁護士についてはどうでしょうか。現状交通事故について相談できると標榜している弁護士事務所はたくさんあります。しかし、実際の交通事故の事例を取り扱わせると交通事故専門の弁護士はわずかしかおらず、算定を正確にしてくれる弁護士にはなかなかめぐり会えません。そこで、交通事故相談を正確に受けて正しい慰謝料を算定してくれる弁護士を探し相談すべきです。

スムーズに交通事故相談ができるように事前にしておきたいこと

交通事故に遭ってしまったときに備えて、ダッシュボードなどに保険会社の連絡先や、事故直後にしておくべきことをまとめたメモを入れておきましょう。人間、パニックになってしまうと単純なこともすっぽりと頭から抜けてしまいますから、できるだけ簡潔にまとめておくのが望ましいです。

また、交通事故相談をする際に、事故当時の状況があやふやでは慰謝料交渉をする際に困ってしまいます。加害者被害者問わず、写真を撮ったり診断書を取っておいたりと、客観的な証拠を準備しておきましょう。保険会社だけでなく事例によっては弁護士を頼ることも選択肢に入れておきましょう。

大阪の弁護士に交通事故の慰謝料、賠償金相談