市町村の交通事故相談窓口や民間の相談機関

もし交通事故に遭ってしまった場合、市町村の交通事故相談窓口や民間の相談機関などもありますが、弁護士による無料面接相談等をおすすすめします。
あなたがもし被害者の場合は、交通事故を弁護士に依頼するメリットに“慰謝料が増額可能なケースがある”という点があります。

保険会社はあくまで加害者の味方のため、慰謝料が少ない金額になってしまうことも多いのです。
弁護士と聞くとお金がかかるというイメージがあるかもしれませんが、弁護士による無料相談等行っていますので気軽に相談しに行ってはいかがでしょうか。

交通事故慰謝料の概要

交通事故慰謝料弁護士基準としては、各弁護士会が資料を作っています。代表的なものには、日弁連交通事故相談センターが発行する交通事故の弁護士基準(青本)と、日弁連交通事故相談センター東京支部が発行する交通事故の弁護士基準(赤本)があります。

代表的な事例などをまとめて交通事故の損害賠償の基準を示しています。赤本では損害賠償額算定基準となっていますが、内容は交通事故の弁護士基準で、上巻(基準編)と下巻(講演録編)の構成になっています。最新の平成29年版の講演録編では、最近の東京地裁民事交通訴訟の実情、損害賠償額の算定について、自動車の構造と修理技法が講演録として収録されています。

交通事故相談損保会社との交渉の仕方

昨今は交通事故に会うと損保会社が交渉相手となる事が多いと思います。その時相手は事故のプロで素人相手にこの事故の慰謝料はコレですと決め付けて来ます。その慰謝料は考えられる最低の額なので納得してはいけないです。

粘り強く色んな損失を考えなければいけません。例えば事故処理にかかった時間とか、事故にあわなかったら得られた収入とかです。また、事故により損保会社が決めた事故割合を押し付けてきますが、これも簡単に納得してはいけないです、今までの事例を調べた方が良いでしょう。最近では交通事故相談、交渉の相談に乗ってくれる弁護士や司法書士事務所も増えて来ていますので利用するのも良いでしょう。

いざという時の交通事故相談

交通事故は何時だって突然の出来事です。事故後の処理について、こなすべきタスクが沢山ありますが、多くの人にとって、不慣れな事だと思います。やはり頼るべきは保険会社の、交通事故相談窓口ではないでしょうか。

交通事故弁護士などを頼ることで、余計なトラブルに発展することなく問題を解決できるので、事前に信頼できる法律事務所などをピックアップしておくと安心でしょう。専門家は過去の事例についても把握しているので、似たような交通事故では慰謝料がどの程度であったかなどを助言してもらえます。そのため、法外な値段の慰謝料を請求されると言うこともなくなるでしょう。

交通事故相談の相手としての弁護士について

弁護士に交通事故相談を行うのは間違いではありません。しかし、弁護士の中には専門があり交通事故を専門に扱う弁護士は数が限られています。そのため、専門外の弁護士に依頼すると、不正確な慰謝料を算定したうえに間違った事例を引き合いに相手方と交渉をして、かえって不利益な結論に結びつく事が得てしてありえます。

そのため、交通事故専門の弁護士に相談する事が必須となります。では交通事故専門の弁護士はどのように見つけるのでしょうか。これについては現在加入している保険会社に紹介してもらうのが一番です。保険会社の紹介する弁護士は膨大な交通事故の事例を扱っているため、事案に即して正確な慰謝料を算定してくれるからです。

関連

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  交通事故の保険  過払い・債務整理  交通事故に強い弁護士  交通事故の慰謝料・賠償金  交通事故の相談会