入院に対しての交通事故慰謝料

入院に対する交通事故慰謝料は、自賠責保険の場合、通院の慰謝料と同じです。通院で済んだ場合よりも多くの慰謝料となることはありません。入院中の諸雑費として、一日当たり1,100円が支払われますが、あくまでも治療関係費ということになります。通院で済まなかったほどの怪我であったことについては、弁護士基準に大きく反映されます。

自賠責基準の傷害に対する部分では、怪我の重症度や入通院の違いはまったく考慮されませんが、弁護士基準では、重傷の怪我に対してより手厚い額が決められていますし、入通院別に違った額が定められています。

むちうち慰謝料相場は変動する

交通事故が原因の後遺障害に、むちうちがあります。衝突などで強い衝撃を受けたことにより、首にダメージがかかり、痺れや吐き気などを誘発します。事故後しばらく経ってから症状が出てくる場合も多いことや、レントゲン画像など他者から異常がわかりにくいため、事故が原因の怪我だと認められないケースもあります。

それを防ぐためには、痛みがなくても病院で診断してもらい、診断書や通院実績など客観的に判断できる材料を作っておくことが重要です。また、交通事故弁護士に相談するか、保険会社に対応を任せるかで、むちうち慰謝料相場も変動します。

関連

交通事故慰謝料の任意保険基準は何か

交通事故慰謝料でよく耳にする任意保険基準は、任意保険で設定されている独自の慰謝料基準のことで、一般的には非公開になっているのでその詳細な金額は分かりません。任意保険は、自賠責保険でカバーができない賠償金を補償することができる保険であるため、自賠責基準よりは高い金額で相場基準が定められています。

ですが保険会社によって設定金額は異なります。さらに、交通事故慰謝料の弁護士基準よりは低い金額となってしまうことが多いです。その任意保険基準のイメージとしては自賠責と弁護士基準の中間あたりということになります。

弁護士に依頼して交通事故慰謝料が高額に

交通事故の被害に遭うと、身体的な怪我を負うばかりか精神的なダメージを負いかねません。けがの大きさや程度によって、通院と入院の両方が必要な場合があります。それに関わる慰謝料、障害が後に残ってしまったら後遺障害慰謝料、死亡した場合の慰謝料の3つが交通事故慰謝料となり、加害者にそれらを請求することができます。

慰謝料を決める方法には自賠責、任意保険、弁護士の3種類の基準があり、その中でも弁護士基準が一番高額になります。一般の人が高額な慰謝料を請求するのはなかなか難しく、専門家である弁護士に依頼することが必要不可欠といえます。

詳しい内容を知りたいむちうち慰謝料相場

交通事故での怪我に1番多い症状として、むち打ちを上げることができます。そうした中で、むちうち慰謝料相場について、しっかりと知りたい人もいるでしょう。実は交通事故の慰謝料に関しては、任意保険や自賠責保険の基準、弁護士基準などの基準で決められていますので、必ずしも自分の望むような慰謝料の金額が受け取れると限りません。

しかしながら、交通事故のことを熟知している交通事故弁護士であれば、そうしたニーズをうけて加害者側との交渉をより有利なものにしてくださることでしょう。慰謝料の金額も引き上げることが可能ですので、満足いく結果を得ることができるでしょう。

大阪の弁護士に交通事故の慰謝料、賠償金相談