妊婦が配偶者死亡時に交通事故慰謝料を請求する場合

妊婦は、体の中にまだ生まれていない胎児を抱えています。もし、配偶者が亡くなった場合に、交通事故慰謝料を相手に請求する時には、妊婦と胎児両方の遺族固有の慰謝料を請求することができます。民法上、人として権利を行使できるためには出生していなければなりません。

そうすると、胎児は権利能力を有しないため、慰謝料は請求できないこととなります。しかし、民法は不法行為の領域で、この場合に胎児は生まれたものとみなすと規定しています。

そして、この規定の意味を判例は停止条件説といって、無事に生まれた場合に、さかのぼって権利能力を有していたとするとしています。

被害者が受け取るむちうち慰謝料相場

交通事故の際に怪我の症状がむちうちの場合において、たいしたことがないと思っているような人も多いようです。しかしながら、怪我の場合によっては後から症状が悪化したりなど重症化してしまうようなケースも事例としてあります。

そうしたことを考えると、自覚する症状があまりなくても、病院に行く事は必須でしょう。むちうち慰謝料相場に関しては、任意保険や自賠責保険の基準、法廷で定められた弁護士基準など三種類があります。納得した慰謝料を受け取るためにも、交通事故弁護士に依頼をする事は、重要なことになってくることでしょう。

交通事故慰謝料が発生するなら弁護士に任せよう

交通事故慰謝料が発生する基準は3つあります。そのいずれも算定する基準は治療にかかった日数を基に、1自賠責を根拠とするもの、2任意保険を基準とするもの、3弁護士が判断したもの(弁護士基準)に分かれます。

この三つの中からどの基準を基にするかは治療にかかる費用と治療期間の度合いによりますが、出来るだけスムーズに解決するためには任意保険の弁護士特約を使って、専門家に任せた方がいいでしょう。事故に遭ってから弁護士を探したり、無料で相談に乗ってくれる交通事故紛争処理センターなどもありますが、時間が掛かりすぎたり、費用面で折り合いがつかない事もありますので、弁護士特約には加入することをお薦めします。

交通事故慰謝料の請求には正しい知識が必要

交通事故慰謝料として、入通院慰謝料が支払われる場合もありますが、被害者の知識不足や保険会社への負のイメージからもめ事になる場合があります。スムーズに示談を成立させるためにも、慰謝料の計算式を理解する事が大切です。

まず、自賠責基準があり、保険会社が支払う額が120万円を超えない場合に限り適用となり、この段階では弁護士に依頼をする必要はありません。ただ、交通事故慰謝料 弁護士基準で請求する場合、その根拠が必要となりますので、弁護士への相談が必要です。弁護士に依頼する場合はもちろん費用がかかりますが、自身の保険に弁護士特約が付いている場合もありますので、有効活用しなければなりません。

3つの基準がある交通事故慰謝料

交通事故に遭って怪我を負ってしまうと、通院する必要が出てきたり、場合によっては入院が必要になったりすることもあります。身体的な怪我は病院に行けばすぐに判断できますが、事故の場合は精神的な苦痛を伴うことも少なくありません。精神的な苦痛に対する損害を賠償するものを一般的に慰謝料としているようです。

具体的に精神的なダメージを金額化する事は難しいため、交通事故慰謝料を決める算出方法には、最低保証となる自賠責基準、任意で自動車保険に加入している方の任意保険基準、弁護士を通じて交渉を進める弁護士基準という3つの基準があります。

関連

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  交通事故の保険  過払い・債務整理  交通事故に強い弁護士  交通事故の慰謝料・賠償金  交通事故の相談会