弁護士に後遺障害、慰謝料を含めた交通事故相談をする

交通事故の被害者になっていますことはありますし、こちらには非がないのに怪我をおってしまうこともあります。しばらく治療をしてもなかなか治らず、後遺障害が残るということもあります。

そんなつらい思いをしたのに、加害者側からの賠償金などがかなり低い提示があって途方に暮れてしまうということもあります。そんなときは自分だけで抱え込んでなんとかしようと思わないで、弁護士に交通事故相談をするのが賢明です。

弁護士は事故状況や被害者の現状を踏まえて丁寧に検証してくれるので、自分だけで話し合うよりもずっと良い金額の慰謝料を頂けるのに力を貸してくれます。

侮れないむちうち慰謝料相場

交通事故の怪我の症状において、血が出ていなかったり、腫れなどがないような場合には安心してしまう人は多いと思います。しかしながら、実は交通事故では、それ以上に思い症状として、後遺障害になってしまっているような可能性もあります。

そうしたなかでむちうちの症状においても、後遺障害になってしまうような可能性を孕んでいます。そのようなむちうち慰謝料相場に関しては、任意保険や自賠責保険の基準、弁護士基準などそれぞれがありますので、交通事故弁護士に依頼をおこなうことでスムーズに対応をしてもらうことができるでしょう。

気軽に行いたい交通事故相談

「交通事故相談 慰謝料 事例」というワードで検索すると、多数の結果が出てきます。その中に解決事例集などを見つけることができますが、どのようにして交通事故案件を解決まで漕ぎ着けたのだろうと考えると、まずは弁護士に相談してみるのが早そうだということが分かります。

実際、日弁連という弁護士の団体があり、そこが交通事故相談センターを開設しています。このセンターの主な役割は、無料の法律相談や示談斡旋を行うことで、多数の実績があります。交通事故に精通した弁護士が在籍しており、無料で相談に乗ってくれるので、もしものときは頼りにすると良いと思います。

交通事故相談で知っておきたいこと

交通事故の事例や相手にもよりますが、保険会社ではなく、交通事故相談を専門とする弁護士に依頼した方が良い結果になることもあります。例えば貰い事故の場合、保険会社が相手へ慰謝料請求をするのは法的に禁じられています。

保険会社によっては弁護士特約で依頼料を負担してくれるところもありますから、制度を上手く活用すれば最初の提示額よりも多い金額を受け取ることができるのです。また、弁護士特約を利用する場合は、保険会社から交通事故問題に強い弁護士を紹介してもらえる場合があります。懇意の弁護士がいれば別ですが、そうでない場合は非常に重宝するサービスではないでしょうか。

交通事故相談をするなら

交通事故をおこしてしまった時や交通事故に巻き込まれた時には、自己判断しないことが大切です。なぜなら、交通事故相談 慰謝料 事例をもとに、きちんとしたものをプロに任せないと後々トラブルになることがあるからです。交通事故の場合は、まず警察と保険会社に電話します。

物や人など、対象に関係なくきちんとした手順をふむことが大切です。慰謝料が発生したときは、保険会社や弁護士を通じて事例に基づいて払う必要があります。示談の場合も当人だけでなく、間に第3者が居てくれると安心して、進めることができます。交通事故の時は、焦らずに落ち着いて対処しましょう。

関連

MENU

TOP  交通事故弁護士  交通事故相談  交通事故慰謝料  交通事故の保険  過払い・債務整理  交通事故に強い弁護士  交通事故の慰謝料・賠償金  交通事故の相談会