警察の介入がない事故は交通事故弁護士のサポートを

交通事故が起きた時には、必ず警察に届け出をします。すると実況検分が行われますが、事件性が認められなければ警察がそれ以上介入することはありません。そのため、事故の解決は当事者双方の話し合いによるものとなります。この話し合いが示談交渉で、被害者が請求する損害賠償額などを決めていきます。
この時、加害者は自分の自動車任意保険についている示談交渉代行特約を利用するので話し合いは保険会社対被害者で行われることとなります。この体制では保険会社のペースで交渉が進められ、金額面でも安く計算されて示談とされる可能性が高いので、被害者の方は自分ひとりで交渉にあたるのではなく交通事故弁護士に相談して有利な示談交渉をするのが一番です。