警察の介入がない事故は交通事故弁護士のサポートを

交通事故が起きた時には、必ず警察に届け出をします。すると実況検分が行われますが、事件性が認められなければ警察がそれ以上介入することはありません。そのため、事故の解決は当事者双方の話し合いによるものとなります。

この話し合いが示談交渉で、被害者が請求する損害賠償額などを決めていきます。
この時、加害者は自分の自動車任意保険についている示談交渉代行特約を利用するので話し合いは保険会社対被害者で行われることとなります。この体制では保険会社のペースで交渉が進められ、金額面でも安く計算されて示談とされる可能性が高いので、被害者の方は自分ひとりで交渉にあたるのではなく交通事故弁護士に相談して有利な示談交渉をするのが一番です。

相談はまず交通事故弁護士

交通事故に直面してしまった場合、多くの方が初めて経験することだと思うので、パニックになって誰に相談すれば良いのか迷うと思います。怪我をした場合は、治療費や慰謝料など通院にお金が必要となります。

そうなった時、お金を支払ってくれるのは保険会社なので、加害者側の保険会社に連絡すればいいと考えてしまいがちですが、被害者として一番に相談すべきなのは交通事故弁護士なのです。保険会社と言っても営利団体にかわりはないので、支払う保険料は安く済ませたいのが本音だと思います。そこで、素人同然の被害者が直接話したところで、相手はプロですから、保険会社側に有利に話をまとめられてしまうかもしれません。

関連

被害者の味方になる交通事故弁護士

交通事故で被害を受けた方の多くが、被害後に何をすればいいか分からない、誰に相談していいのか分からないと考えている方が多いようです。交通事故の被害を受けて大ケガを負ってしまったり後遺症が残ってしまったり、何らかの生活上の支障があるようであれば、交通事故弁護士に相談してアドバイスを受けることが最も適切な対処法です。

被害者のために後遺障害認定サポートや過失割合交渉、さらに示談交渉まで対応してくれる交渉窓口になってもらえます。事故後の相談は早いほうが良いと言われていて、事故の直後に弁護士に相談しておくことで保険会社のペースで交渉を進められず有利な解決を望めます。

せっかくであれば知りたいむちうち慰謝料相場

交通事故が発生してしまった場合に一番気がかりなのが、相手や車の被害状況と被害に対して支払う慰謝料でしょう。交通事故の中で1番多いとされているむちうちに関しては、場合によっては重度の少女ニナッテしまうようなケースもあります。ですので、軽い症状と自分で決めつけるのはよくありません。

交通事故弁護士のような専門家であれば、このような自体にもしっかりと対応してくださいますので、非常に心の強い存在になることでしょう。交通事故の慰謝料についての交渉を行うとともに、むちうち慰謝料相場などの情報をしっかりと教えてくださいます。

気になっているむちうち慰謝料相場

交通事故にあった際には、やはり気になるのはむちうち慰謝料相場でしょう。心身ともに被害を受けていますので、人によってはそれなりの慰謝料が欲しいと考えている人も多いようです。それであれば、自分たちで交通事故の慰謝料を保障するよりも交通事故弁護士に、代わりに交渉してもらうのが1番よいでしょう。

金額については交通事故弁護士が故障してくれたことによって、慰謝料の金額自体が引き上げられたような事例も数多くあるようです。ですので、決してあきらめるのではなく、このような法律家に相談を行うことで自分に有利な交渉を行うことが可能になるでしょう。

大阪の弁護士に交通事故の慰謝料、賠償金相談